TOP >問題リスト画面の説明

【問題リスト画面の説明】

問題リスト画面の説明

問題リスト画面です。このソフトのメインとなる画面です。ここから、問題の作成挿入出題などに進むことができます。

  • この欄に、問題リストに表示したい問題番号を入力してください。
  • クリックすると、左の欄に入力した問題番号から10問分をリストに表示します。
  • つまみをドラッグすることで、左の欄に問題番号を入力しなくても素早く問題をリストに表示させることができます。
  • 問題のリストです。1度に10問を表示させることができます。問題リストの詳細については「問題リストについて」をご参照ください。
  • クリックすると、前の問題10問分を表示します。
  • クリックすると、次の問題10問分を表示します。
  • クリックすると、その行の問題自体を削除したり、各項目を初期状態に戻すことができます。詳細は「不要な問題をクリアする」をご参照ください。
  • この欄に、問題を作成したい番号を入力してください。
  • クリックすると、左の欄に入力した問題番号の問題作成画面に切り替わります。詳細は「問題を作成する」をご参照ください。
  • この欄に、問題を挿入したい箇所の前の番号を入力してください。
  • クリックすると、問題挿入画面に切り替わります。詳細は「問題を挿入する」をご参照ください。
  • この欄に、出題したい問題の最初の番号を入力してください。
  • この欄に、出題したい問題の最後の番号を入力してください。
  • 逆三角形のマーク(▼)をクリックすると表示される分野の中で、出題したい分野を選択してください。
  • クリックすると、出題形式(順番出題ランダム出題リベンジ出題苦手克服出題)の選択に進みます。各形式の詳細は、左の[取扱説明書]の該当項目をクリックしてください。
  • クリックすると、分野の編集画面に切り替わります。各分野の上下の位置を移動させたり、削除することができます。詳細は「分野の編集画面の説明」をご参照ください。
  • クリックすると、タイトル画面に戻ります。
  • ここの2つのボタンのどちらかを選択して、①入力解答モードで出題するのか、②単語カード型モードで出題するのかを切り替えることができます。

(注)問題番号を入力する際は、1999 までの整数を入力してください。

先頭に戻る