TOP >データを保存する

【データを保存する】

データを保存する

データの保存方法についての説明です。「問題作成画面」・「問題挿入画面」の下部の[セーブ]ボタンをクリックすると、データを保存することができます。保存されるデータは、①問題リストに登録されている問題データと、②オプション設定の内容です。

また、全ての画面の上部に常に表示されているメニューバーの[データ]→[セーブ]をクリックしても、同様にデータを保存することができます。

なお、問題リストを更新したり、オプション設定を変更した後に、保存をしないでソフトを終了しようとした場合は、データを保存するかしないかの確認ダイアログが表示されます。

せっかく新しい問題を作成したり、より使いやすいようにオプション設定を変更したとしても、その内容を保存しなければ、次回ソフトを起動した時にはそれがなかったものとなってしまいますのでご注意ください。

先頭に戻る